興信所や探偵は如何わしい会社?

興信所と探偵は、以前は負う業務に違いがありましたが、現在では、調査を行う手法にも違いはほとんどありません。
それなのに、なぜ今でもどちらの名前も残り、使われているのでしょうか?

その理由は、「先にできたのが興信所で歴史が古臭いから」という理由と、「興信所から独立した人が探偵事務所を運営しているから」という2つの理由が考えられます。
しかし、そんな名残はありますが、今では大きな違いがないので、困ったことがあったら興信所も探偵も、信頼のとれる会社に相談して下さい。

ただ、興信所や探偵の存在は知っていて、浮気調査などの業務を行っていることも知っていても、皆は、それらの調査会社は“怪しい”“恐い”“いかがわしい”という良くないイメージを以ているかもしれません。
そのため、調査してくれことがあっても、かなりそんな会社に依頼する人は少ないと思います。
ところが、興信所や探偵は、さほどいかがわしい業者ではなく、健全に業務を行っているのです。

興信所や探偵事務所を運営するには、公安委員会への届出をしないといけません。
そして、届出が受理されて、探偵業届出証明番号が付与されます。
探偵業届出認可がないと、探偵業を運営することができないのです。

また、興信所や探偵事務所の調査官の中には、元警察官や弁護士の資格を持っている人もたくさんいて、法律に関しても十分に精通してあり、調査能力も大変優れています。
もっと、家出人の捜索や人探しなど、警察では対応してもらえない案件も、引き受けてくれることが多いのです。

興信所と探偵事務所の違いがよくわからない人は多いと思いますが、今では、その2つに大きな違いはなく、同じ手法で業務を行っています。
そのため、困った結果耐えることがあったら、「興信所」や「探偵」の名前が付いた会社に相談すると良いでしょう。

しかし、興信所も探偵事務所も、会社選びは慎重に行わないといけません。
興信所や探偵事務所として探偵業を営む場合は、届出を提出しないと違法になるので、無届の会社は絶対に避けましょう。
ただ、調査官は特別な資格を売る不要ので、会社が国から認められて営業しているとしても、調査するスタッフの質が悪い場合もあるので、そこまで信頼できるかどうか確かめる必要があります。

信頼できる優良な会社の特徴は、「会社の所在地や代表が明記されて掛かる」「調査方法や費用の説明が詳細でわかりやすい」「少ない日数の調査も気持ちよく請け負ってくれる」などです。

反対に、悪徳な会社の特徴は、「電話では明るい説明がなく、直接会社に来てもらうように喧しく言ってくる」「100%の成功率をうたう」「ホームページなどでは、極端に安っぽい費用を宣伝していらっしゃる」といったことなので、敢然と確認して注意しましょう。

信頼できる会社か判断するには、せめて3社で見積もりを取ってもらいましょう。
そして、見積書を隅から隅まで確認して、それぞれを比較し、どんどん信用できそうな会社を選びましょう。
悪徳な会社の場合、最初の相談の段階で必ず契約を勧めてくるかもしれませんが、不審に感じたら敢然と断って、その会社からすぐに立ち去るようにしましょう。パルクレールは楽天やAmazonで購入できる?